サービスの特徴 | FEATURE

複数ECストア展開

売り場は多岐に渡る

昨今は自社ECだけでなく、Amazonや楽天といった外部モールや、デベロッパーが運営するモールサイトなど売上を最大化するために売り場は多岐にわたるということは言うまでもありません。更に自社ECでも商品やブランドの特性に合わせてサイトを分けたり会員を分けたり事業を分断して運営することもあります。こうしたビジネスの広がりに対応するため、Omni-Base for DIGITAL'ATELIER(以下OBD)では複数の売り場を管理するストア管理という機能が備わっております。

売り場は多岐に渡る

売り場単位にストア管理を行う

OBDでは売り場単位にストア管理を行います。ストア単位に商品の販売設定やキャンペーンやクーポンなどの販促、会員のデータや受注といった管理を行います。ストアをまたいで会員やポイントの管理を行う事もでき複数ストアをまたいだモールの運用を行うことも可能です。Amazonや楽天などの外部モールもストア単位の管理対象となり、販売設定を個別に定義することが可能となります。

商品管理の記事でもご紹介している基本アイテムと販売アイテムの切り分けから、ストア単位に在庫をなどを管理することなく、在庫や仕入先の管理はストアをまたいで共通の管理を行うことが可能です。

売り場単位にストア管理を行う

*DIGITAL'ATELIERは、日本ユニシス株式会社の登録商標です。
*Omni-Base(オムニベース)は、株式会社ワールドの商標です。詳細はこちら
*その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。