OMO事業適用モデルとは

OMO事業適用モデルとは

日本ユニシスが提供するOmni-Base for DIGITAL'ATELIER(以下OBD)を用いて、ネットと店舗に限らず全てのチャネルを通じた貴社の販売活動を支援する統合販売管理システムサービスです。受注から出荷までのEC・通販システム機能の提供、入荷から販売までの店舗システム機能の提供はもちろんのこと、コマースビジネスに精通したIT要員によるシステム運用サービスも提供します。

OMO事業適用モデルの特徴

OMO事業適用モデルを活用することで消費者にハイレベルなOMO体験の提供を実現します。

OMO事業適用モデルの特徴:現状

現状・・・

各業務機能に対し提供可能なサービスレベルがバラバラで消費者にハイレベルなOMO体験を提供できていない

OMO事業適用モデルの特徴:OBDの場合

OBDの場合

各業務機能がハイレベルに提供でき、サービス提供に必要なデジタルデータが全体で等しく活用することによって消費者にOMO体験を提供可能

特徴例:ECと店舗、すべての在庫を一括管理

特徴例:ECと店舗、すべての在庫を一括管理

難しいシステム連携/業務フロー設計は不要。消費者に対してハイレベルなネットとリアルを融合したサービスを即座に提供可能です。消費者の購買行動のOMO化が進み各売り場にどの程度在庫を確保すべきかの判断が困難となっています。OMO事業適用モデルではすべての在庫を一括管理できるため、チャネルをまたがって在庫活用し余剰在庫削減、販売機会ロス削減を図ることが可能です。

*DIGITAL'ATELIERは、日本ユニシス株式会社の登録商標です。
*Omni-Base(オムニベース)は、株式会社ワールドの商標です。詳細はこちら
*その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。